美容鍼専門講師が開く美容鍼サロンHARICA|京都 二条

美容鍼サロンHARICAのロゴ

ブログ

コロナ禍での美容のお悩み

ブログ|2021.01.21

こんにちは、(京都・二条)会員制美容鍼サロンHARICA 院長の三牧です。
先日、美容鍼の効果についてのブログの中で、コロナ禍でマスク必須の生活が顔のたるみを引き起こすという内容を書かせて頂きました。
昨年の前半は、マスクによる『肌荒れ』のお悩みが多く見られました。
しかし、昨年の後半からは、「たるみが進行してきた」、「ほうれい線が目立ってきた」というお悩みで御来店されるお客様が増えてきました。
ブログでお伝えしましたように、マスクの下には口角を上げる表情筋(大頬骨筋、小頬骨筋)が存在しており、マスクで顔の半分が隠れているので、表情筋を使わなくなった人が非常に多いんです。
使わなくなった表情筋が衰えてくると、表情が固くなったと感じるだけでなく、顔の皮膚・脂肪を支えきれなくなってしまいます。
という事は・・・!?
そうです、【顔のたるみ】へと繋がっていきます!!
さらに、逆を言えば、マスク着用時に見えているのは目元から上部のみですよね?
皆さんは、マスクをしながら表情を伝える為にどのようにされていますか??
おそらく、ほとんどの方が目元または眉毛を動かして表情を伝えているはずです。
では、目元や眉毛を使って表情を作るとどうなるのかと言いますと・・・。
実は、【おでこのシワ】が目立ってくるんです!!
眉毛を動かす筋肉には、眉間にシワを寄せる「皺眉筋(シュウビキン)」というあまり聞き慣れない筋肉と、眉毛を上に持ち上げる『前頭筋』という筋肉があります。
この前頭筋は、眉毛を上に持ち上げると同時におでこにシワを形成してしまいます。
ご存知でしょうか?
この【おでこのシワ】は、表情の癖により形成されるものなんです!
何百、何千、何万回とおでこにシワを寄せることで、いつの間にかシワが定着してしまうのです。
年齢のせいにしてませんか??
それでは今日はこの辺りで失礼します。
《京都美容鍼、美容鍼、美容メンテナンス、顔のたるみ、目の下のたるみ、リフトアップ、目の下のクマ、食いしばり、エラ張り、くすみ、ターンオーバー、美肌、美活》

LATEST ARTICLE

アクセス&営業時間

美容鍼専門講師が開く美容鍼サロンHARICA|京都 二条
〒604-8381 京都市中京区西ノ京職司町67-86 マイフラットT201
Tel.075-286-4323 Mobile.090-8482-3662
診療時間
10:0020:00

▲:日曜日…10:00~17:00
※当日16:00まで受付可能
※定休日:不定休

オトナ女子の格上げサロン Ayumi nail & eyelash