美容鍼専門講師が開く美容鍼サロンHARICA|京都 二条

美容鍼サロンHARICAのロゴ

ブログ

引き下げている原因について

ブログ|2022.09.15

こんにちは、(京都・二条)会員制美容鍼サロンHARICA、院長の三牧です。

前回に引き続き、引き下げている原因についてお話したいと思います。

前回お話したのは、表情筋の衰えや凝りによって組織を支えられなくなり、

顔がたるんでしまいますよ!というお話でした。

今回は、引き下げている原因としてかなり大きく影響する、

「咬筋の凝り」と「首凝り、肩凝り」についてお話したいと思います。

まずは「咬筋」。

咬筋は、主に物を噛む作用のある筋肉です。

頻繁に硬いものを噛む習慣があったり、日中や特に就寝中の食い縛りが原因で凝りが強まります!

そして、注目して頂きたいのが咬筋の付着部位と走行です!

写真の赤丸が咬筋だとイメージして下さい。

咬筋の上部を見てみると、頬骨辺りに付着しているのが分かりますよね。

容易に想像出来ると思いますが、この咬筋に凝りがあることで頬を引き下げてしまいます!

更には、咬筋は顔面部の筋肉の中で最も強力で、大きな筋肉なので、

凝りによって循環不良が起こると浮腫み、筋肉の肥大化によってエラ張りといったように、

顔の大きさにとても悪影響を及ぼします。

そして、対策として硬い物を食べないように意識するのは容易ですが、

就寝中の食い縛りに関しては、自身でのコントロールが非常に困難となります。

マウスピースを装着しても歯が削られるのを防ぐだけで、食い縛りを予防する事は出来ません。

では、食い縛りが出来ないようにボトックスを注射するしかないのか!?

これもまた難しい問題で、、、

確かに有効ではあるのですが、食い縛りを予防出来る程のボトックスを打ち続けると、

たるみが進行してしまうのです。

なので、ボトックスは、有効ではあるものの継続し難い治療法と言えるでしょう。

結局のところ、安全かつ有効的な治療法は、

食い縛り時の力を弱める為に、「咬筋の凝りをほぐす」「首の状態を良好にする」。

食い縛りが起こりにくい環境作りの為に、「睡眠の質を高める」。

定期的なメンテナンスが必要な治療法ですが、『美容鍼』が主役になれる分野です!

「首凝り、肩凝り」は、顔のたるみの原因として非常に重要な問題なので、

次回にします笑。

今日はこの辺りで失礼します!

LATEST ARTICLE

アクセス&営業時間

美容鍼専門講師が開く美容鍼サロンHARICA|京都 二条
〒604-8381 京都市中京区西ノ京職司町67-86 マイフラットT201
Tel.075-286-4323 Mobile.090-8482-3662
診療時間
10:0020:00

▲:日曜日…10:00~17:00
※当日16:00まで受付可能
※定休日:不定休

オトナ女子の格上げサロン Ayumi nail & eyelash