美容鍼専門講師が開く美容鍼サロンHARICA|京都 二条

美容鍼サロンHARICAのロゴ

ブログ

食い縛りが顔も頭も大きくさせる!?

ブログ|2022.10.09

こんにちは、(京都・二条)会員制美容鍼サロンHARICA、院長の三牧です。

前々回のブログで、顔を引き下げる原因として『咬筋』をご紹介しました。

より分かりやすい画像を見つけたので、簡単におさらいしながら改めてお話します。

「顔のたるみ」や「シワ」など美容の悩みの原因となりうる表情筋ですが、

顔や頭にある筋肉全てが表情筋だと思っていませんか?

実は、今回のブログの主役『咬筋』『側頭筋』は、表情筋ではないんです!

これらの筋肉は、表情筋ではなく『咀嚼筋』と言われます。

その名の通り、物を咀嚼する時に働く筋肉で、『食い縛り』を引き起こす主な筋肉であり、表情筋と比較にならないほど強力な力を持っているんです!

例えば、食い縛り自体は8〜9割の方がしていると思いますが、

その中でも重症な食い縛りがある方は、歯が削れるぐらいなんです!

文章では伝えにくいですが、

歯の硬さは「ダイヤモンド>歯>鉄」の順となり、実は鉄より硬いんです!!

鉄より硬い歯が削れるぐらいの力と考えると、咀嚼筋がどれほど強い力を及ぼすか想像出来ますよね!?

そしてこの強力な食い縛りを放っておくと、筋肉がどんどん育ち、大きくなってしまいます。

食い縛りが原因で、エラが張ってくるというのはご存じの方も多いかもしれませんが、

側頭筋も同じく大きくなってきます!

側頭筋はこめかみに位置する(下の画像の黒丸部分)筋肉なので、大きくなると頭が横に広がって見えてしまいます。

実際にお客様を見ていても、両側の頭が大きくなっている方、片側の頭だけ大きくなっている方など様々です!

このように、咀嚼筋が凝り固まると、

顔や頭が大きくなるだけでなく、頬骨に付着している咬筋は頬を引き下げ、

引き上げる働きを持つ側頭筋はその力が失われます。

何度もお話して、しつこいようですが年齢のせいにして諦めるのは簡単です。

しかし、メンテナンスでケアする事で防げるなら、やらないのは勿体無いですよね♡

是非、美容鍼をお試しください!

LATEST ARTICLE

アクセス&営業時間

美容鍼専門講師が開く美容鍼サロンHARICA|京都 二条
〒604-8381 京都市中京区西ノ京職司町67-86 マイフラットT201
Tel.075-286-4323 Mobile.090-8482-3662
診療時間
10:0020:00

▲:日曜日…10:00~17:00
※当日16:00まで受付可能
※定休日:不定休

オトナ女子の格上げサロン Ayumi nail & eyelash